花粉症は早めの予防から

毎年ひどい花粉症に悩まされながら、予防するように言っても「今年こそ治っているかもしれない」と言って、予防をしない人が居ます。
その結果、年々症状が悪化するという悪循環に陥っているひともいます。
「何かの偶然で花粉症が治る」と思っている人がいるようです。

花粉症対策は、なんと言っても予防です。予防的治療を行えば症状は格段に軽くなり、将来治ることも可能です。

そこで、ここでは、有効な予防治療をご紹介します。

ひとつは、減感作療法です。
アレルゲンのエキスを少しずつ注射していくことで、アレルギーが起こらない体にしていく方法です。

もうひとつは、漢方療法です。

どちらも予防という意味ではかなり有効です。

とにかく花粉が飛ぶ前、症状が出る前に始めることがポイントとなります。です。
症状が出てしまったら早急に治療して、悪化させないことが大切です。

予防を怠ると、薬の効きづらい重症になってしまうこともあります。

花粉症になる理由

花粉症にかかるメカニズムについてみてみましょう。
杉のおしべから飛ぶ花粉が、目や鼻、口の粘膜から体内に入り込みます。そうすると、体内で異物と判断されて、排除するために「IgE抗体」というタンパク質が作られます。
IgE抗体は、鼻や目の粘膜にある「肥満細胞」と結合して、花粉が入るたびに増えて行きます。
そして、ある一定量を超えると、再び進入してきた花粉と反応して、ヒスタミン、炉委小鳥炎という物質を放出します。
これらが血管や神経を刺激し、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状をひきおこします。
一度体内に出来たIgE抗体はずっと作られ続けるので、ある一定量を超えると花粉症デビューとなります。
早くデビューする人と市内亜人がいるのはその人の持って生まれた遺伝的体質などと関係しているといわれています。詳しいことはまだわかっていません。